杉並区のがく接骨院・整体院 / 院長 石橋 学先生the best 100 selections of therapist

 

がく接骨院写真1

2度のむち打ちを経験した自分だからこそ、患者さんの痛みがわかる

いしばし・がく / 1982年生まれ。2007年、国家資格を取得。整形外科や接骨院で10年間勤務。埼玉県の接骨院では、院長を任されるなどの経験を積む。2012年、がく接骨院を開業。

インタビューページへ


Best!むち打ち治療のゴットハンドを探せ! 選出ポイント

限られた時間の中で全力を尽くしたい

同院では、初診の患者さんに時間をかけてカウンセリングと検査をしてくれて、院長が毎回マンツーマンで治療のはじめから終わりまですべて対応してくれるから安心できる。

「患者さんと向き合える時間は限られています。だからこそ、その中で最善を尽くすよう心がけています。初診の患者さんに時間がかかるのは、痛みの原因を特定するため。事故の際にどの方向から力が加わったのかを調べます。また、衝撃は最初に骨盤にくるので、骨盤から背骨にかけての歪みや頸椎のずれを確認。むち打ち症はレントゲン画像では異常がわからないため、病院では根本的な解決には至らず、結果的に後遺症が残るケースがあるのです」と石橋院長。
 
実際、医療機関を渡り歩いても治らなかった人が口コミで来院することも多いという。

独自の施術法で辛い症状を根本から早期改善

同院ではむち打ち症の根本的な原因を取り除くので、痛みを改善するだけでなく、後遺症を極力残さずに施術できる。根本的な原因とは、事故の衝撃による頸椎のミリ単位のずれ。院長は実際に手で関節を動かしてみて、動きの違いを感じ取る。指先の微妙な感覚を頼りに、レントゲンに写らない頸椎のずれを見極めるという高度な技術だ。施術が進めば首の痛みだけではなく、同時に腕の痺れや頭痛なども改善される。

「私自身が交通事故の後遺症に苦しんだ経験があるため、患者さんの痛みや辛さはよく理解できます。だからこそ、根本からの改善の大切さを伝えていきたい」と意欲的に話す。


何よりも患者さんを第一に考えた施術が口コミで評判に

01明るく清潔な院内には独自の医療機器が並ぶ

02特殊な治療器具を使って首の骨のズレをやさしく矯正

03施術台を使用することによって、首だけでなく骨盤や背骨の歪みも整えることが可能である

記者からの目

院内はとても明るく清潔、待合室にはゆったりした音楽が流れて、アロマの香りが漂っている。先生曰く、本日の香りはスタッフさんが選んだ「イランイラン」とのこと。「本当はラベンダーの香りの方が好きなんですけどね」とは先生の弁。アロマを使用している理由は、「痛みがあると交感神経が興奮します。アロマの香りで自律神経のバランスを整え、心身ともに治療効果を高めるためです」とのことだった。このエピソードでも分かる通り、とにかく患者さんを大切にする接骨院である。また写真撮影の間も先生とスタッフの女性の笑い声や楽しそうな会話が聞こえてきた。こんな接骨院なら患者さんも安心して診てもらえるだろう。患者さんの多くは口コミで来られた方たちで、壁一面に「感謝のメッセージ」が並んでいた。さて、予約なしで来院された場合、予約がいっぱいの時は最大で6時間待ちになるので、お帰りいただくこともたまにあるとか。1人ひとりに全力で向き合うスタイルなので1日に診察できる患者さんの数には限りがあり、予約は必須である。


治療院情報詳細

院名 がく接骨院・整体院
カテゴリ 接骨整体院
TEL 03-5344-9883
住所 東京都杉並区西荻南4-31-7 レーヴ西荻窪101
治療時間 9:00~12:00 15:00~20:00 土曜日9:00~14:00
定休日 日曜、祝日
予約
その他 JR中央線・総武線西荻窪駅から徒歩6分。事前予約をお願いします。

治療院の地図

治療院のホームページへ